内法面積

内法面積(うちのりめんせき) マンション経営用語

マンションの場合、その床面積を求める計算の方法には二つある。

内法面積とは、建物の床面積を計算する場合のひとつの方法で壁の内側で測られた面積を内法面積といいます。

つまり、部屋を真上から見下ろし、壁で囲まれた、その内側だけの面積を内法面積という
マンション等の区分所有建物では内法面積で登記されるため、広告やパンフレットなどの専有面積より、
実際の登記面積はやや狭くなるので注意が必要になります。

パンフレットなどの専有面積より、実際の登記面積はやや狭くなるので注意が必要です。
(実際に使用できる部分の面積はこちら)

登記簿面積といえばこちらになります。

マンション投資入門講座

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。