壁芯面積

壁芯面積(へきしんめんせき) マンション経営 用語

マンションの場合、その床面積を求める計算の方法には二つある。

壁芯面積とは、建物の床面積を計算する場合のひとつの方法。壁の中心線で囲まれた
部分の面積を言う。つまり、壁や柱の厚みの中心線で測られた建物の面積のことです。
(ちなみに一戸建てなどの場合、壁ではなく、柱の中心点を結ぶ区域の面積を床面積とする。)

通常、広告やパンフレットなどに記載されている建物面積や専有面積は、
壁芯面積で表示されています。
(建築基準法では床面積は壁芯面積のことをいう為)

壁芯面積とは、建物の床面積を計算する場合のひとつの方法。

壁の中心線(部屋を真上から見て、壁の厚みの半分のところを通る線)で囲まれた部分の面積。

マンション投資入門講座

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。