共用部分

共用部分(きょうようぶぶん)

マンションは自分の住戸の部屋などの区分所有者が自由に使っていい専有部分と、
廊下やエレベーターなどの共同で使う共用部分と専有部分から成り立っています。

共用部分はマンションの建物のうち、専有部分以外の部分の事です。マンションなどの集合住宅において、
区分所有者である居住者全員で共有している部分の事です。

つまり、一棟の建物に構造上区分された数個の部分で独立して住居、店舗、
事務所又は倉庫その他建物としての用途に供することができるものが
ある場合(区分所有建物等)において、その各部分に属さないもので、付属施設を含みます。

区分所有法では、原則として界壁や床スラブで囲まれた空間の内側だけを専有部分とし、
界壁などそのものは共用部分と定められています。

外廊下やエントランス、エレベーター、受水槽などの設備など、居住者が共同で使う対象はすべて共用部分。

バルコニーや専用庭は専有部分と勘違いしている方もいますが、いずれも専用使用権の与えられた共用部分です。

共用部分ですが、専用使用権が与えられているので、その住戸の人しか使用できなくなっているだけになります。

基本的に共用部分は、区分所有者全員、つまり居住者の共有財産となり、したがって全員に管理義務があるとされています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。