専有部分

専有部分(せんゆうぶぶん)

マンションは自分の住戸の部屋などの区分所有者が自由に使っていい専有部分と、
廊下やエレベーターなどの共同で使う共用部分と専有部分から成り立っています。

専有部分は区分所有権の目的たる建物の部分のことをいいます。区分所有権と
は、一棟の建物に構造上区分された数個の部分で独立して住居、店舗、事務所又は倉庫
その他建物としての用途に供することができるもの区分所有法によると

『分譲マンションなどの区分所有建物において、それぞれの区分所有者が単独で所有して
いる建物の部分のことを「専有部分」と呼ぶ』

分譲マンションの場合でいえば、各住戸の内部が専有部分に該当します。

マンションなどの区分所有建物において、それぞれの区分所有者に所有権がある部分の事を指します。

たとえば、壁紙や天井、床などの内装材、電気・電話の配線、給排水管の一部などは専有部分に含まれる。

ただ、床、天井、壁について、どこまでが専有部分なのか、
どこからが共用部分なのかに地位手は、専門家の間でも意見が分かれます。

ちなみにバルコニーや専用庭は共用部分で、専用使用権が与えられている
ため、その住戸の人しか使用できなくしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。