マンション経営 将来のライフプラン

マンション投資・マンション経営で将来のライフプラン

将来の生活設計を考える

公的制度 低い信頼感
生活の安心を支えるために必要な年金や医療、介護などの社会保障制度への不安は依然として根強い。
日経新聞の調べによると、社会保障制度の将来について「不安を感じる」と答えた人が過半数に達した。特に年金制度に対する不安がトップとなった。
老後の生活に不安を感じている人の割合は全体の4分の3に達し、「全く不安を感じていない」はわずか3%にとどまった。

<日経新聞2011年1月9日 記事 ※この記事の著作権は配信元に帰属します>

上の記事を読んでもわかるように
日本の年金制度に不安を抱く人は大変多い。

しかし、老後の生活に不安を抱き退職金で資産運用をして失敗する人たちも続出している。
以前のように地方の空室リスクの高くボリュームの大きい一棟もの不動産に投資するのではなく、
公的年金代わりのリターンは少ないが大きくは失敗しずらい空室リスクの少ない東京都心部のワンルームマンションに投資を
する人たちが最近では増加傾向である。

日本の年金制度に不安を抱く人は大変多い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。