マンション経営 地震 耐震 歴史

マンション投資 地震 耐震 歴史
耐震性能は年々向上してきている。

マンション投資 地震 耐震 歴史
耐震性能は年々向上してきている。

地震と耐震基準の歴史

1968年 昭和43年 十勝沖地震発生

1970年 昭和45年 建築基準法の改正に伴い、せん断補強筋法が強化

1978年 昭和53年 宮城沖地震発生

1981年 昭和56年 建築基準法の改正に伴い、新耐震設計法が制定される
          (いわゆる新耐震基準)

1995年 平成7年 阪神淡路大震災発生
1998年 平成10年 建築基準法の改正に伴い、安全性を詳細に検証する構造計算法を導入

2000年 平成12年「住宅の品質確保の促進等に関する法律」通称:品確法施行
         で「住宅性能表示制度」の導入される。

2005年 平成17年 耐震偽装事件 (通称:姉歯事件)

2006年 平成18年 建築基準法改正 
         確認審査などが厳格化・二重チェック(ピアチェック)等の実施
         新築住宅の着工数の激減

2011年 平成23年 東日本大震災 発生
        
何かが起きるたびに建築基準が強化されている今回の地震の影響でまた建築基準が改正になるか?

新築マンション経営 耐震性能

耐震性のある新築マンションに人気

中古マンション、価格頭打ち 耐震耐火性の重視も

 首都圏の中古マンション価格に調整色が広がってきた。供給が増えつつある新築マンションへの関心が高まっているためだ。
一足先に軟調に転じた都心部に続き、周辺部でも頭打ち感が強まっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。