ノンリコースローン

一般的な日本の住宅ローンなどの借入は「リコースローン」と呼ばれるもので、アメリカにおける住宅ローンはこの「ノンリコースローン」が主流となっている。
通常は重責財産となる原資からの手持ち資金フローを返済原資とし、その範囲以上の返済義務を負わ無い。さらに、それでも借金銭が残った場合であっても債務者は残りの債務の支払い義務がある。

一般的には不動産に対する分野での利用が多いが、これ以外であっても比較的安定した手持ち資金フローが期待出来る不動産に対してもノンリコースローンが設定される場合がある。
債務者にとっては、担保以上の重責を負わなくてよいというメリットがアルが、その分銀行側が逆にリスクを抱えることになる。
一方で、ノンリコースローンの場合、例えばローンの担保となっている住宅だケガ重責財産となり、仮に担保を売却しても債務が残ったとしても債務者はこれを越える重責を負わ無い。

ノンリコースローンの場合は、返済できなくても、担保物件Aを手放せば、その売却代金銭が借入金銭額に及ばなくても追加の支払いは必要なくなる。
通常ノンリコースローンを利用する場合は当然その分のプレミアム(上乗せ金銭利)がかかる上、融資に対する審査(主に物件に対する)は厳しくなる。

通常のローン(リコースローン)の場合、借入の返済ができなかった場合は担保物件Aが競売に掛けられ売却されるが、売却してもまだ借入の返済が出来ん場合、その借入の残りは借り手に遡及され、支払いを続けなければなら無い。
例えば、通常の住宅ローンの場合を考えると、債務者がローンの支払いができなくなった場合、担保となっている住宅を売却する。
簡単に説明をすると、5000万円の借入を行い、この担保としてAという物件を差し出しているとする。

マンション投資入門