マンション投資

マンション投資とは、マンションの区分所有権(1室)を購入し、その部屋に賃貸者を居住させることにより賃料収入を得る不動産投資の一種です。
ただし、マンションの居住者がゼロとなった場合には賃料収入(インカムゲイン)がゼロとなってしまう。それでも、ローンの支払い(アパートローン設定時)や固定資産税の支払いなどの支払いは生じるので手出しが発生するリスクもある。 区分所有権であるマンションの場合、建物が老朽化下場合の資産価値がアパート経営など土地付きの投資と比較して少ないというデメリットもある。
そのため、ワンルームマンションへの投資が一層も投資効率が高くなる。
マンション投資やアパート経営などの不動産投資はインカムゲインが主となるが、比較的賃料水準は景気に左右されにくく安定していることから、投資価値が注目されている。(空室リスク)また、建物破損や劣化などもリスクの一つである。 なぜ、ワンルームマンションが多いかというと、不動産の投資金額(物件金額)と、賃料収入は正比例するのではなく、物件金額が上昇してもそれと同じようには賃料額は上昇することはない。

マンション投資入門