借金大国の日本 インフレは財政破綻を招くのか

借金大国の日本 インフレは財政破綻を招くのか

チャイナネットにて日本の財政破綻に関する考察を専門家行なった。

それによると現在日本に残されている時間は長くないと。
ただし、今まで述べてきたように、日本政府に残された、財政破綻を食い止める時間は僅かではあるが残されている。
それは日本市場の今後の動向を見なければ分からないが、2年程と予想。

一方、日本の政権は支持率が20%にまで下がり、危険な状態にある。また新しい政府が誕生すれば、政策を打ち出すまでにある程度の時間がかかる。
そのため、時間はあるように見えて、実は限られており、また、2011年の世界的なインフレが日本に与えた影響はCPI指数がプラスに転じたという数字に見えて、
食品、エネルギー、衣服などの日常生活用品の価格上昇はいち早く発生するだろうと予測。
日本は2011年の経済成長は1.5%程度と予想し、これはスタグフレーションが起ころうとしていることを意味し、
現状からすると、2011年の日本の経済成長は勢いを見せることはなく、財政は厳しい状況のままだろうと語っていた。
<2月26日サーチナ 参考>

後の記事に続くのは「税収を増やすにはどうすれば良いか」などの考察が書かれていた。

実際に日本政府はどうやって財政破綻を食い止めればよいか という疑問を挙げるならば即効性として増税という流れになるだろう。

ただし、増税は景気悪化も引き起こす危険性をはらんでおり、それを回避する政策としてどういったものを考えているか
我々は見ていく必要がある。

相続税なども増税の対象になっているので、今後も税金関係の報道には注目していきたい。

節税対策で不動産投資、マンション投資を始める方が増える可能性がある。

マンション投資