マンション投資 生命保険効果 団体信用生命保険

マンションなどの不動産をローンを組んで購入する場合には、ほとんどのケースで団体信用生命保険の加入が必要となります。

これは、例えば債務者が死亡や高度な障害などに見舞われても、団体信用生命保険が適用されるため、ローンの残債は保険会社が債務者に代わり全ての残債を保険金で返済する為のものです。

つまり、ご家族にはローンを完済した無借金マンションが残るので、売却すれば多くのキャッシュが残り、持ち続けたとしても家賃収入が、ご家族に残せます。
遺族年金の代わりにもなります。

マンション投資入門