マンション投資の魅力

マンション投資の魅力は、一つに不動産投資の中でも気軽に出来て手間がかからないことがあります。

不動産投資でも一棟マンションやアパートは多額の現金が必要です。

区分所有などのワンルームマンションであれば気軽に投資できるのがマンション投資の特徴です。

投資金額が同じでも、マンション投資であれば、様々な地域や間取の違う色々な部屋に投資出来てリスクを分散する事もできます。

また、一棟モノでは、維持管理や修繕を自分でやらなくてはいけませんが、マンションでは、修繕積立金を毎月積み立てを行なう事で修繕計画に則った修繕を行いマンションの劣化を防ぎます。

管理費はこれらの業務を管理組合で委託しているため、物件管理の手間が少ないのが特徴です。

もう一つの魅力は売却して換金しやすいことがいえます。

ワンルームマンションなどは物件のボリューム小さいので換金し易くなります。

リーマンショック以降これまで安定運用できていた投資信託でも元本割れや、そのたリスクの少ない金融商品がかつてない低利回りによって、 資産運用の投資対象としての魅力に疑問符がつきます。

また含み損をかかえた方も多数おりました。

そのほかにも、株式投資やFXなどでは利益を上げることは一般の方ではかなりの知識と手間も掛かり、会社員や公務員の方が働きながらするには非常に難しかったりしました。

マンション投資は手間無く長期的に安定したインカムゲインを生み出してくれます。

また投資対象として小額から始められるできる資産づくりの方法でもあります。

豊かな老後を送るにも約1億万円かかると言われています。

公的年金や退職金でまかなえる金額が7~8000万円だとすれば、
2000万円~3000万円が自助努力で用意しなければなりません。

それもインフレが無い前提ですのでもっと老後の自助努力で用意しなければならない金額は大きくなるかもしれません。
今後将来的にどうなるかわからない時代です。

マンション投資でセカンドライフにそなえ家賃年金という不労所得を作る資産運用を豊かな老後を過ごす為に考えてはいかがでしょうか。

マンション投資入門講座