滞納に関するリスク

滞納リスクは、空室リスクと同じように家賃の入らない収益性のリスクです。
滞納はとても厄介な問題です。
なぜなら、滞納家賃は実際には手元にお金が入っていないのに税務上は収益があったとして課税されてしまうのです。
滞納はたまってしまうと回収は困難で金額も大きくなります。
また、そこで裁判などになってしまうと莫大な費用がかかります。
ですから、滞納に対してのリスクヘッジは大変重要です。
空室は先ほどの空室リスクの章でもお話いたしましたが、空室期間は収入がありませんので、その期間をできるだけ短縮した方がいいのは当然です。
だからと言って、空室を早く埋めようと、家賃を下げたり入居審査を緩めてしまうと、次は滞納など、他のトラブルが発生いたします。
その他、自分で管理しているの場合オーナーさんが集金できないリスクもあります。
もし、に入居してくれたとしても、毎月必ず入金されるという保証もありません。
家賃回収ノウハウがあるプロの管理業者が回収するのと素人が回収するのでは大きく集金率は変わってきます。
それに、入居者の募集、審査、契約と入居、集金や滞納処理、クレーム処理や入退居の手続き等数多くの業務がございますので大部分の方が賃貸管理を業者にお願いしております。

管理業者に管理をお願いする場合、管理代行方式とサブリース方式の大まかに2つあります。
管理代行は管理会社がオーナーにかわり管理の代行をしてくれるというイメージです。
つまり、マンション経営において面倒になりそうな、入居者の募集や入居促進など管理業務をすべて請け負ってくれるものになります。
管理委託料はサブリースに比べこちらの方が安くて済みます。
空室になった場合や、滞納があった場合の賃料を保証してくれるわけではありません。
しかし、サブリースより手取りが多くなるので、都心部などの人気エリアではの比較的空室リスクが少ないため、こちらを利用する方が多くなります。

管理代行は、滞納家賃があってもその管理会社の収益を圧迫するわけでは無いのですが、サブリースであれば空室や滞納はその管理会社の損失になります。
滞納リスクを回避するのもサブリースは非常に有効です。

最近では滞納保証という商品も出ていて滞納だけであればそれで回避することも可能です。

→ >Topページ