家賃収入に関するリスク

家賃収入に関するリスク

マンション経営は、自己資金をあまりかけないで取り組める数少ない投資です。

その為、殆どの方がローンを組んで取り組みますが、その性質上ローン返済は入居者が払う家賃収入に依存します。

ローンの返済計画は、マンション投資を絡めた人生設計の一部となりますので、
返済に支障をきたす家賃の下落は避けなければなりません。

また、交通の便が悪いなど物件の立地条件によっても下落する恐れがあります。

マンション投資を取り組むにあたって物件を購入する際に、業者が作成したシミュレーション(計算書)を元に返済計画などを立てますが、家賃の下落は、その計画を狂わせます。

特に、中古物件を購入する際は注意が必要です。

悲しいことですが、業者の中には「売れさえしてしまえば良い」と考える悪徳業者も居ます。

「現在すでに入居者がおり、○○万円の家賃で稼動していますので安心です。」といいながら自社社員を住まわせ、販売後しばらくしたら転居し、その後入居者が付かないと、管理会社を通し家賃の値下げ交渉を持ちかけてくるなど四面楚歌の状況に陥る危険性もあります。

その他にも、物件に入居者が付きやすいような維持管理のための対策が取られていない等、見えないところにも家賃の下落に繋がるリスクは沢山あります。

物件を購入する際は、物件の修繕計画や、入居者の審査管理、物件を清潔に保つための管理などがどのようになっているか必ず尋ね、理解して下さい。

マンション投資は、不動産を利用した投資です。

購入時よりも運営をどのようにするかが長期的なインカムゲインの軸になります。
疑問や不安に感じたことは、必ず納得のいくまで不動産業者に説明を求めましょう。

→ >マンション投資