借主 リスク

借主に関するリスク
マンション経営を行う上で気にしなくてはいけないことの一つに借主に関するリスクがあります。
長期的に安定したマンション経営を行う為には、所有物件を綺麗に保つ必要があります。
綺麗に維持されている部屋と、所々劣化(傷、汚れ等)のある部屋があり、両部屋とも同じ家賃ならば、どんな人でも綺麗な部屋を選びます。
物件を綺麗に保つ最大の要素は入居者にあります。
細かい事ではありますが、例えばマンションの共有部分にを散らかす、夜中に騒ぎ出す、等の迷惑行為をしない入居者を選ぶ必要があります。
マンションが入居者のせいで劣化してしまうという事例は少なくありません。
当然オーナーは、空室を避けるための最後の手段ともいえる家賃を下げるという対策をとらざるを得なくなります。
しかし、そうすることで安い家賃目当ての入居者がつき、大切なお部屋を粗末に扱うような負のスパイラルに陥ってしまう可能性があります。

このような事態を事前に回避する為には、信用のある管理会社(入居審査等がある会社)に管理を委託しましょう。
また、1R、1Kの部屋は通常単身者が居住するため、部屋の使用率がファミリータイプに比べ少ないので、設備の劣化も遅く余計な出費を抑えることができます。