マイホームより先に投資マンションを買ったほうがいいの?

皆さんの中にはマイホーム投資マンションも欲しいと思っている方も多いと思います。

では、マイホームより先に投資マンションを買ったほうがいいのかどうなのか悩む方もいると思います。
それでは、マイホームより先に投資マンションを買ったほうがいいのかどうなのか?
それ以外にもマイホームと投資マンションもどちか1つ選択したいという方もいるかと思います。
その場合マイホームと投資マンションのどちらを買ったほうがいいのかどうなのか?
そういう悩みを持つ方もいると思います。

バブル期ぐらいまでの日本人の資産形成といえば、自宅を持つことでした。
不動産価格は値上がりを続け不動産を所有していれば地価上昇による資産価値の上昇が期待できました。

マイホーム自体が含み益を十分に持った資産でありそれによって資産形成が可能でした。自宅を購入することがが日本人の資産形成だったのです。

しかし、バブル崩壊後は土地神話が崩れ、マイホームは保有しても値上がりするものでなくなり、立地によっては、老朽化すれば半値以下まで不動産価格が下落することは珍しいことではなくなりました。

自宅の購入は、資産形成は運用手法ではなくライフスタイルの1つの選択肢ぐらいに考えた方が良い時代に変わりました。

マイホームと投資マンション選択するするのであればマイホームであれば、持ち家の特徴である一国一城であるという満足感や老後の住居が確保できることなどにメリットを感じられる方ならいいでしょう。

しかし、持ち家のデメリットも忘れてはいけません。 どうしても都心部の一等地で一戸建ては高くなるので郊外で保有することになり以下のようなデメリットも出てきます。

建物の価値は築年数に応じて下がり、地価が下落する場合もあるため、資産価値が減少するという可能性がある。

気軽に住み替えられないことや固都税などの保有コストがある

修繕コストが自己負担である

住宅ローン返済には精神的な重圧がかかるなど様々なデメリットが享受できるのであればマイホームの購入を考えてもいいでしょう。

あなたのライフプランニング、ライフスタイルにあった方を選択すべきでしょう。

マイホームと投資マンション選択するのでなく両方購入したい希望の方であれば、下記のようなことも考慮に入れどちらを先に購入した方がいいでしょう。

ローンを組んでマンション投資を考えた場合

マイホームを先に購入した場合

自宅のローンが足かせとなって金融機関の借入れが出来ないケースが多くあります。

自宅は収益を生まないので返済だけ金融機関に考慮されてしまいます。 しかし、投資マンションを買ってマイホームを買う場合不動産から生まれる収益があるのでそれを収入として考慮していただけるケースや収益不動産の買い入れは借金としてみないケースなどもあります。

ですから、同じ人でも自宅を先に購入すると投資マンションは買えないけど、順番を逆にしてを投資マンションを先に購入してから自宅を買えば両方買えることも出てきます。

そのあたりも考えて自宅も購入する必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。