マンション投資とは

マンション投資とは?
マンション投資とは」区分所有マンションという賃貸用不動産物件を購入して

その購入した物件を賃貸したり、売却することによってキャピタルゲインという売却利益とインカムゲインという保有することで生みだす収益を得る投資手法のことを言います。

最近では、以前と違いキャピタルゲイン狙いではなく購入した不動産を賃貸して得られるインカムゲイン(和製英語で造語)という運用利益つまり、
家賃収入を期待し、不動産投資をされる人が多くなっています。

資産運用の方法でもワンルームマンション経営と、株式や債券などあらゆる金融商品、そうった商品との違いは何でしょうか。

それは毎月、毎年発生するの定期収入であるインカムゲインが大きいことがマンション投資の大きな特徴です。

マンション投資、不動産投資の収益はキャピタルゲインという資産を売ったときに生じる利益(売却益)か、

インカムゲイン(インカムゲインとは、資産を保有し利子や配当、家賃などその商品とは別に定期的、

あるいは満期時に支払われるものです。)という資産を保有することによって入る収入に分かれます。

不動産投資、マンション投資の場合は、これらの収益のうちインカムゲインである家賃収入が非常に大きいウェイトを占めます。

定期預金や株式、債権、外貨預金などにも配当や利子といったインカムゲインがありますが、

不動産の家賃収入のインカムゲインと比較すればとても小さいものです。

投資にも色々ありますが、たとえば、株式投資の場合を例にすれば、

株を購入した会社が倒産したりして無くなれば価値はなくなります。

先ほどの例を考えてみても株式投資などのペーパー資産は、場合によってはゼロになってしまうこともあります。

今は株式などはペーパー資産でもありません。

しかし、同じ投資でも不動産投資マンション投資などの現物投資は場合は、違います

マンション投資でたとえばマンションを購入した場合、マンションは不動産投いう現物資産ですから、

10年後、20年後でもそのマンションは存在しています。

たとえ老朽化で建物を潰したとしても土地の持分は残ります。

つまり不動産投資、マンション投資の投資対象である不動産は価値がなくならないのです

マンション投資マンション経営)は、一般的に ミドルリスクでミドルリターンの投資と言われてております。

マンション投資やマンション経営は数々の魅力もあるのですが、その反面リスク

もちろんあります。

ここで、マンション投資(マンション経営)入門の魅力であるメリットデメリットであるリスクの

双方知り回避の仕方を学んで、対策を打つことで失敗しないマンション投資マンション経営)をすることが出来ます

初心者不動産投資入門

“マンション投資とは” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。