なぜサラリーマン・OL・公務員にマンション投資が人気なのか?

なぜサラリーマン・OLにマンション投資が人気なのか?マンション投資(マンション経営)の魅力のところでもお話しましたが、
マンション投資不動産投資の中でも特に手軽に出来て手間がかからないことが一因ではないかと考えられます。

不動産投資には多額の資金が必要と思われがちですが、区分所有などの

ワンルームマンションであればローンを組むことで少額の自己資金から始めることもできます。

ですから、自己資金の少ない若いサラリーマン・公務員・OLでも取り組むことが出来るのです。
 バブルが崩壊して以前はお金持ちの資産家のみの資産運用とみられていましたが、物件価格が大幅に下がりローン自体も組みやすくそして低金利により少ない返済で物件を買えるようになったため、一般のサラリーマン・公務員・OLの方でも資産運用として始められる方が増えてきました。
他の金融商品より低負担で出来るケースもあり注目も集まっております。

その他の要因としては、将来的な年金不安から老後の私的年金を自助努力で作らなくてはという思いからマンション投資・マンション経営を始められる方が増えたのではないでしょうか。

 生命保険文化センターの調べによると夫婦合計の最低日常生活費の平均は約24万円、ゆとりのある生活には、月約38万円が必要となっています。
それに対して公的厚生年金の平均受給額は夫婦合計約23万円。
つまり、ゆとりのある老後を送るためには15万円自助努力が必要ということになります。

平成16年10月に導入された「マクロ経済スライド」によって実質的な年金は給付減となります。
また、現状の年金財政を考えると今後の年金の更なる給付減が予想されます。
この不足金を将来、自助努力によって準備する必要があるのです。

 少子高齢化傾向にある今は、公的年金と貯蓄だけでは、今後の将来的な老後に不安が残ります。
投資用ワンルームを購入し、定年までにローンを完済すれば、老後に支給される公的年金だけでなく、私的年金として安定した家賃収入を得ることが可能です。ロングリターンの期待できるマンション投資が資産運用として一般のサラリーマン・公務員・OLに人気なのもうなずけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。