節税効果

一般のサラリーマンや公務員の方は、自営業の方と違って住宅ローン控除や医療費控除を除けば節税をする機会があまり無いとは思います。
普段、節税の機会のないサラリーマンの方でも節税することができるのが賃貸経営です。

ただ、マンション投資をはじめると家賃収入不労所得として入りますので、不動産所得として収入がある形になります。
給与以外の収入として不動産所得が発生することになります。
そうすると、勤め先の給与所得以外の収入があるため確定申告が必要になります。

マンション経営をすると必要経費が認められるようになります。
主に経費として認められるものには、登記費用、減価償却費、租税公課、管理費、ローン金利(建物分)、修繕費などがあります。

ここで特徴的なのは実際にお金が出ないのに経費計上できる減価償却費です。
たとえ、実際のキャッシュフローが少しプラスでもこれらの経費を帳簿上赤字計上ができるので、現在の所得と損益通算ができ、確定申告で所得税の還付を受けることができるのです。
また、その場合、住民税ももちろん減額されることになります。
マンション投資は、自己資金が少なくて済むことや、節税を行いながら将来の不労所得が手に入ります。
そのため、最近は一般の方がマンション投資をはじめるケースが増えております。

マンション投資

“節税効果” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。