資産運用の利回り

 資産運用を行なう上で最も気にしなければならないのは、安全性と利回りのバランスです。

資産運用は元金を増やして初めて運用できたことになり、元金に対してどの程度の割合で利益が出るのか考えておくことが重要なのです。

利率は額面金額に対する利子であるのに対して、利回りとは投資元本に対する利子もう組めた収益の割合を指しています。

例えば国債の場合では、表面利率は利率またはクーポンレートとも呼ばれますが、利付債について半年ごとに支払われる利子の大きさを表しています。
固定利付債は額面金額に対する1年分の利子がパーセントで表示されており、額面金額100万円について2万円の利子が払われる場合、表面利率は2パーセントとなります。
国債の表面利率は、その国債が発行された時の市場の実勢によって決定され、償還までは変わりません。

一方、利回りは1年あたりの運用益パーセント表示しています。
この運用益の中には1年分の利子収入と償還額面と購入価格の差額が含まれています。利子収入である表面利率は発酵時から償還時まで変わることはありませんが、
償還額面は購入価格が時価となっており、国債相場の状況や購入する金融機関によって変わります。

したがって、購入価格次第で国債の利回りが変わってくることになるのです。

また、マンションなどの不動産を購入して賃貸する資産運用においては、管理費や修繕費、固定資産税、あるいは空室時の無収入期間などを考慮して計算をすることが必要です。
そして、その不動産が、どのくらいの価値を保っていられるかも考慮しなくてはいけません。
販売価格と毎月の賃貸料を見る表面利回りだけを見て大きく運用できると勘違いをしてはいけないのです。

トップページ