土地の有効活用

つい1年前まで、円高だと言って輸出に頼る企業は苦しんでいました。また、海外旅行に行く人たちは、その恩恵を受けてレジャーやショッピングを楽しんでいました。

しかし、2013年8月。去年から比べるとは円安が進み、近々1ドル100円になるのではないかとさえ言われています。

こうした経済状態が不安定な時代にあって、土地はあるのだけれど、どうしたらよいのか分からないと悩んでいる人が沢山います。
日本経済の先行きが不当目なために、積極的な資産運用に手をつける気にならないという人たちです。

しかし、今、目の前にある危機は、日本経済の将来よりも、その何も手をつけていない不動産にあります。
何も手を打たないでいたら、固定資産税や都市計画税など、無駄にお金が出て行く一方で、将来、何も形にならないということを想像してみてください。

土地の有効活用には、いくつかの方法があります。
土地をそのまま、定期借地権として貸すこともひとつですし、立地条件によっては月極駐車場やコインパーキングという使い方もあります。

また、建物を建てて、マンション経営や賃貸経営といった方法も考えられます。

少子高齢化が進む時代ですから、1階をデイサービスの介護施設にして、上階を賃貸アパート、または自宅にすることも考えられるでしょう。

いずれにせよ、何もしないで放っておくのではなく、土地の有効活用の手段を探ることこそ、早急に手をつけることなのだと認識したほうがよいでしょう。

マンション経営入門