滞納保証について

マンション投資やアパート投資をしていてオーナーの悩みのためになるのが、家賃の滞納です。

入居者が何らかの原因で家賃を払ってくれなくなり、そのままずるずると居座られるような状況になってしまうと、家賃が入ってこないばかりか、大切な資産であるマンションやアパートが収益を上げる道具ではなく慈善事業、ボランティの場所のようなことになってしまいます。

まして、長期に渡って家賃を滞納するような人は社会的に問題がある場合が多く、隣接、周辺の住民にも何か迷惑をかけるようなことも起こる可能性が無いとは言えません。

このような家賃滞納という問題を軽減してくれるのが滞納保証というシステムです。

滞納保証とは賃貸物件の管理を委託した不動産管理会社が、集金代行業務のオプションとして行なうことが多いシステムで、入居者が契約で取り交わした指定の期日までに家賃の支払いを行なわなかった時、管理会社が入居者に代わってオーナーに滞納分の家賃を支払ってくれるサービスなのです。

保証会社がオーナーに支払ってくれる家賃は保証会社によって異なりますが、概ね同一の入居者で連続12か月分になっているようです。

この保証料は入居者が賃貸契約をする際に一定の金額を保証会社に支払い、保証されるものです。
オーナーは、家賃の滞納が発生したら保証会社に連絡をします。
保証会社は入居者に督促をしてむれるので、オーナーの煩わしさも解決します。

入居者募集の際に、この保証システムで契約することを提示しておけば、入居者のほうも納得して契約します。

マンション投資入門講座