マンション投資とマネープラン

マンション投資とマネープランを考えることは、投資を始める人にとっては重要なテーマです。

マンション投資を行なうにあたっては、自己資金をどのように調達するか、そしてその後のローンの支払いや月々の財務をどのようにするか、金利や修繕費なども含めて総支払い額がどの程度と見積もることができて、賃料や利益はどうなるのか、まずは試算しておくことが大切です。

このマネープランのシミュレーションは投資を始めるときはもとより、少なくても1年に一度、理想は3か月に一度の割合で見直すことも大切です。

とくに長期金利上昇や消費税率引き上げなどが懸念されている昨今、利回りは日本経済全体の動きによっても大きな影響を受けますので、小さな材料も見逃すこと無くマネープランに反映させて、リスクマネジメントをしておくことが大切なのです。

長い人生におけるマネープランは投資を行なう人の人生設計にも当てはめてみる必要があります。
結婚、育児、子供の教育、子供の結婚、定年など人生の節目とともにお金の計算をしておくことで、収支シミュレーションも現実的になります。

またマンション投資においてはキャッシュフローのマネープランも重要です。
賃料の収入、管理費や修繕費、税金といった経費のキャッシュフローについてもシミュレーションしておかないと、資産が増えているはずなのに手元の現金が足りないという矛盾した事態も起こってしまいます。

マンション投資とマネープランは、投資家にとって二つでセットであると考えておいたほうがよいでしょう。

マンション投資