相続税 増税

平成25年度の税制改正法律案により、相続税の増税が懸念されています。

これは平成27年度1月1日に以後の相続から基礎控除額が引き下げられることになり、実質的な増税が行なわれます。

現在の相続税の基礎控除額は5、000万円に加えて、1、000万円に法定相続人の数を乗じた数字ですが、改正後は3、000万円に加えて、600万円に法定相続人の数を乗じた数字となります。
また、もらう遺産に応じて現在6段階になっている相続税の税率が、最高税率50パーセントから、55パーセントに引き上げられて8段階になります。

例えば相続人が3人の場合、基礎控除は8,000万円から4,800万円に引き下げられるのです。

また、基礎控除の引き下げがなかった場合でも相続税が発生していた人にとって基礎控除の引き下げによって相続税が増加することがあるので注意が必要です。

例えば相続人が、配偶者と子供の3人で相続税の相続税評価額が基礎控除の控除前に1億円であった場合、配偶者の税額軽減適用後で改正前の相続税が100万円であったの対して290万円になります。
また相続人が子供3人であった場合は、改正前の相続税額が200万円だったのに対して630万円になります。

基礎控除の減額は実質的な増税となりますので、相続がだいぶ将来のことである人にとってもなるべく早めに対応策を練っておいたほうがよいでしょう。

相続税と聞くと富裕層の話のように感じる人も少なくないでしょうが、土壇場になって慌てないためにも、現在の資産がどれくらいあるのか、万が一の時はどのくらいの相続税がかかるのを確認しておくことが大切です。

不動産関連の税金を学ぶ