マンション投資と他の資産運用との比較

マンション投資を他の資産運用と比較してみると、その安全性や将来性がよく分かるのではないかと思います。

第一に、マンション投資は不動産を所有して行なうのですから、投資を始めた時点で有形の財産のオーナーになっています。
そして毎月賃料が収入となり、この収入からマンションの管理費や修繕費などの維持費、税金などを差し引いた分が実質の利益となります。
毎月の賃料は入居者と賃貸契約を締結した時に決めますが、これは多くの場合2年契約になっており、天災などの大きな状況変化などが起こらない限り、賃料の値下げはありません。

しかし株式投資や外為投資などの金融資産に元本保証はなく、景気の動向によって価格が急激に上下し、場合によっては何の価値もない資産になってしまうことも少なくありません。
これらと比較してみると、マンション投資がいかに安全で安定した資産運用であるかよく分かります。

またサラリーマンが行なうマンション投資では、節税対策や生命保険の代用といった活用の仕方もあり、本業の収入やサラリーマンのメリットを活かしながら行なうことができるのも大きな魅力です。

投資物件のマンションは万が一、何らかの理由で手放したいと思った時には売却することもできます。
また、長く空室が続いたり、投資している人の生活スタイルによっては、自分や家族がそこに居住してしまうといったこともできますから、使途を幅広い目的で考えることができます。

将来の希望や収入予測を立てて、よく比較検討して投資を行なうことが大切です。

マンション投資