マネーサプライ

マネーサプライとは、社会に出回っているお金の量のことです。
これは、毎月、日本銀行が調査をしていて発表します。

この中央銀行である日本銀行を含む、金融部門全体から国家経済に対して供給される通貨の量のことで、一般の事業会社や個人、地方公共団体などが保有するお金の量を指し示しています。

このマネーサプライが増えるということは、社会に出回っている資金が増えたことであり、この資金がモノやサービスを購入するために使われることでインフレを招きます。

出回っている絶対量よりも、時間経過における増加の割合が重要で、増加率が高ければ社会で現金を必要とする割合も高くなっていると解釈され、インフレの目安のひとつともされています。

マネーサプライの指標はいくつもあり、お金の定義の範囲によっても異なってきます。
紙幣や硬貨だけの現金を指すか、預金を含めるかによっても違うため、その指標によっても判断が分かれることから重要なポイントです。

日本では4つのマネーサプライ指標が作成・公表されています。

まず一つ目は、現金通貨と預金通貨(要求払い預金)の合計をM1と呼びます。
二つ目は、これに準通貨(定期預金等)およびCD(譲渡性預金)を加えたものでM2+CDです。
三つ目は郵便局、農漁協、信用組合等の預貯金、全国銀行の信託勘定を加えたM3+CDです。
そして四つ目が債券現先、金融債、国債、投資信託、外債等を加えた広義流動性です。

日本ではM2+CDが代表的マネーサプライ指標として用いられていますが、金融商品が多く出回るようになっているため、広義流動性という指標も重要だと考えられています。

目的によって、複合的な指標の分析と判断が必要な時代となっているのです。

マンション投資入門講座TOP