政策金利

マンション投資を考えるとき金利の動向に気を払う必要があります。

政策金利は、国家の中央銀行の金融政策によって決められる金利のことで、マーケットの実質経済に合った水準に操作するために決める基準金利のことです。

この金利を上げれば、市中の銀行などの金融機関が企業や一般消費者に貸し出す融資金の金利も上がり、下げれば金利も下がることになります。
また、預け入れ預貯金の金利も同じように上下します。

一般的に、景気が悪い時は金利を下げてマーケットの金利も低くなるように誘導します。
これによって企業の設備投資や一般消費者の消費が活発になり、景気のさらなる停滞を防ぐことができます。

反対に、景気が良い時は金利を上げて、お金が過剰にマーケットに出回らないように調節します。

政策金利の影響は、消費動向だけでなく、為替にも及びます。
日本の政策金利が高くなれば、市中の銀行の金利も上がることになり、国内はもとより海外からも預貯金をする動きが出ます。
すると、海外の通貨で円を買って預貯金することになるので円高に推移します。

反対に金利が下がれば円を他の国の通貨に変える動きが出るため、円が売られて円安に傾きます。

政策金利は物価の安定や国家経済の改善のために行なわれるものですが、昨今ではアベノミックスと称される、政府の金融政策のひとつとしても大きな注目を集めています。

日本銀行とも手を携えた大胆な金融政策は、すでにムードとしても景気に反映されており、株高、円安の方向に向かっています。
アジア新興国などからは、為替の操作ではないかという懸念も出ているようですが、日本銀行はあくまでもデフレ脱却のためであると釈明しています。

TOPに戻る