定期借家とは

定期借家とは、平成12年3月から導入された「定期借家制度」のことで、契約期間が満期を迎えたら、入居者は速やかに退去するという形式の借家のことです。

契約によっては、再契約ができるものもあれば、再契約はできないという契約もあります。

一般的に借家の契約期間は2年ということが多いのですが、定期借家においての契約期間は、貸主が1か月でも10年で自由に設定することが可能です。
つまり、短期間だけ貸して、入居者には必ず出て行ってもらいたいという場合に便利な契約なのです。

例えば、一定期間の転勤中に家を人に貸したいという時や、実家や親戚の家などに一時的に住むことになって、その間だけ人に貸したいなど、貸主の都合に合わせて契約をすることができるのです。

更新ができない契約の場合は、賃料などは低く設定されることが多いため、短期間だけ借りる都合に合う入居者にとっても便利で合理的な契約となります。

また、貸主の都合で、更新して再契約をすることも可能で、これは入居者との合意があれば成立します。

住まいを借りる人は、この再契約ができるかどうかという点をよく確認してから契約をすることが重要です。
また、一般的な定期借家の契約の場合は、途中解約ができないので、1か月前に退去したいと言っても契約期間中の家賃を支払い続けなければならないこともありますので、注意が必要です。

貸主は、あらゆるケースを想定した契約書を整えておくことが重要で、不動産仲介会社などとよく話し合っておき、さまざまな条件を立てておくことが必要です。

マンション投資