投資用不動産の借金

 金融機関から融資が受けられるので、少ない資金ではじめられる不動産投資ですが、融資を受けるということは負債を負うことで、はやい話が借金をするわけです。
不動産投資は長期にわたって家賃で借金を返済しながら行う投資法です。
少ない資金ではじめられるというのは事実ですが、投資に失敗すれば資産が減るだけでなく、負債が残る投資法であることも心得ておく必要があります。

 家賃で借金が返済できるからといって、負債の心配をしないでいいわけではありません。
実際、不動産投資に慣れた方であれば、相応の頭金を用意してなるべく返済額を少なくしたうえでローンを組みますし、借入れ後も繰上げ返済をしてなるべく早い時期に完済できるように務めます。
 投資用マンションなど投資用不動産は経年による劣化を避けることができませんし、どのような物件であれ、家賃は時間が経てば安くなっていきます。入居者が確保できない事態だって起こるかもしれません。

そうした予期せぬトラブルに遭っても、ローンを完済していれば傷は浅くて済みます。入居者も確保できて家賃も高くとれるうちに、できるだけ負債を減らしておくというのは、負債を負いながら行う投資の基本です。
 計画的なマンション投資とは、投資用不動産を購入するために負う負債額と、自分の返済能力とを見合った状態にし、それを維持しつづける投資のことです。負債の多い無理な投資は失敗のもとです。
くれぐれも自分に見合った不動産投資を行われることをお薦めします。

マンション投資入門講座