不動産投資と不労所得

日本では一時期、自分で稼ぐのではなく、お金にお金を稼がせるという言い方が流行りました。
働かないでも収入があるというのは、誰にとっても魅力的な話ですが、これは簡単に言えば不労所得のことです。

例えば、預貯金や国債、株式投資や外為投資、また不動産投資などがこれにあたります。

預貯金は、金融機関の長く続く低金利から考えると、利益を出すには相当な元金が必要となるでしょう。

株式投資や外為投資は、一攫千金が狙える魅力も少なくはないですが、反面、短期間に大きな損失を出すというリスクも生じます。

不動産投資は、購入した物件を購入金額よりも高い金額で売って利益を得る方法と、物件を賃貸運営してその賃料で利益を得る方法があります。

どちらの方法でも、手元には必ず不動産という形に残る物件があるわけですから、株式投資や外為投資に比べると安心感が高い方法だと言えるでしょう。

この方法で得る不労所得なら、中長期的な計画も立てやすく、またリスクが低くて済むことから中低所得のサラリーマンにも手が出せる投資だと考えられています。

コツコツと積み立てる預貯金で、自分の老後の生活を維持することが難しい時代にあって、こうした所得の道をつくっておくことは自己防衛手段として大変重要であり、将来は不可欠になると予測されています。

贅沢な暮らしや豊かな暮らしという夢も同時に叶えられる資産運用で、安全で安心な未来を設計してみてはいかがでしょうか。

サイトトップ