空室率40%時代をどう迎えるか?

マンションのオーナー、アパートのオーナーなど、賃貸経営をしている人たちにとって、空室率が上がることは大きな脅威です。

そもそも、入居者が毎月部屋を借りて賃料を支払ってくれることから、オーナーは収入を受け取ることができるのですから、なるべく空室がない状態にしておくことが理想です。

とは言え、少子高齢化や日本全体の人口減少、独身者の実家住まいなどから空室率が上がってきている事実も見て見ぬふりをしていては始まりません。

そこで見直すべきは、賃貸経営における経営姿勢です。
経営とは「投資」であることは、経営学を学んだ人であれば誰でも知っています。
経営、すなわち投資は、利益が出て初めて意味があり、その利益を出すための最大の努力をするのが経営者です。

例えば、不動産を地元駅前の不動産会社や、ただ「親しい」という理由の不動産会社に任せただけでは「利益」は上がりません。

不動産経営は、賃貸の貼り紙をして、公共スペースの掃除をすることが全てではなく、その物件を資産と考えて管理することが重要です。

入居者が退去して空室になった後、単なるクリーニング業者にクリーニングをさせて入居者を募るという方法は一般的です。
けれど、最新の住宅設備機器を備えたリフォームを施し募るという方法もあります。
あるいはまた、入居者に好きな壁紙を選べるシステムを導入することも空室期間を減らす方法の一つと言えるでしょう。
これら入居者への魅力を向上させながら、その費用対効果を計り、利回りも向上させることをアドバイスしてくれる不動産投資顧問会社など、専門家をブレーンに持つことは、空室率40%時代を迎えるための最善策になるのではないでしょうか。

マンション投資入門講座トップ