不動産投資と融資

個人が不動産投資を行なう際に、すべてを手持ちの資金で賄う人は多くはありません。
節税を考えるためにも住宅ローンなど、金融機関から融資を受けて行なうことが一般的です。

最近では、早期リタイアや老後の人生設計のために、サラリーマンがマンション投資などをするケースも増えており、この場合にはローンを組むことがほとんどです。

不動産投資の成功の鍵は融資の受け方、ローンの組み方にあると言っても過言ではないでしょう。

なぜなら、ローンの利息や条件によっては、賃貸収入とのバランスが整わずに赤字になってしまうことも起こらないとは言えないからです。

昨今では、金融機関はサラリーマンの不動産投資に対して前向きな支援体制が見られ、機関によっては専門の部門を設けてアドバイスやコンサルティングまで行なっています。

とくに地方銀行や信用金庫、信用組合においては地域活性化、収益構造確保のためにも融資に前向きだといわれており、物件の選び方や運営の仕方まで相談にのっているところもあるようです。

ノンバンクと呼ばれる民間のローン会社も積極的に行なっていますが銀行や信用金庫と比較すると若干金利が高い傾向にあります。
その分、審査基準がゆるいというメリットもありますので、よく条件を確認するとよいでしょう。

不動産投資顧問会社などでは、初心者のための投資セミナーなども行なっていて、その際にローンや金利、投資の利回りについての知識を教えてくれるだけでなく、金融機関の紹介をしてくれるところもあるようです。
これらを上手に利用して、効率的な投資を行なうことが理想です。

トップページ