長期金利

長期金利とは、償還期間が長い債券や、満期までの期間が長い金融資産や負債にかかる金利のことを言います。

期間が長いとは、1年以上とされており、1年未満を短期としています。
国債の金利は残存期間が10年であり、日本における代表的な長期金利とされています。

金利は基本的に金融市場の動向や景気動向などを基に決定されますが、金融市場には「短期金融市場」と「長期金融市場」があります。

短期金融市場とは、取引期間が1年未満の短期の資金を融通し合うマーケットのことで、金融機関だけが参加できる「インターバンク市場」と、金融機関以外の企業も参加できる「オープン市場」があります。

この「インターバンク市場」のなかには、さらに「コール市場」という融資期間が最短で「一昼夜」という短期資金を融通するマーケットがあります。

反対に長期金融市場は取引期間が1年以上の長期の資金をやり取りするマーケットのことで、「株式市場」と「債券市場」があります。
長期金利の代表とされる国債は、この債券市場で取引されており、新しく発売される10年物国債の金利が長期金利の最新版として考えられます。

長期金利はこのほか住宅ローンなどにも反映され、固定金利で住宅ローンを借入すると、景気が上向きになってきた時にも低い金利のままの返済額で済みます。
しかし、金利が高い時に固定金利で住宅ローンを組むと、金融市場の金利が下がっているにも関わらず高い金利のまま返済しなければなりません。

一方、変動金利ローンを組む場合は短期金利が反映されますので、景気の動向に敏感に反応して金利の上下が行なわれることになります。
これまで日本はほぼゼロ金利であったため、住宅ローンは固定金利にしている人が多かったようです。

マンション投資