マンション投資のシミュレーション

サラリーマンの生活のゆとりや定年後の副収入の源として人気が集まっているマンション投資ですが、やはり気になるのはどのくらいの収益が上がるかということではないでしょうか。

多くのサラリーマン投資家が投資物件のマンションを購入する際は銀行ローンを組むでしょうが、この借入金、利率、返済額、繰り上げ返済の見込みや次の投資物件はいつ頃購入が可能か、返済途中で空室期間ができてしまうとしたら、その期間をどのように見積もって、どのような安全策を講じておけばいいのかなど、投資が現実になった時のシミュレーションは大変重要です。

サラリーマンは毎月ほぼ固定の金額を給料として受け取ることができますので、この中でやりくりしていられれば生活に困ることはまずありません。
けれど、毎月赤字になってしまい、それが長期にわたって続くようなことがあると、給料はいきなり増えることは滅多にありませんので家計の予定が大幅にくることになってしまいます。

そういったアクシデントが起こらないように、事前にリスマネジメントをしておくことが重要で、シミュレーションはそのためにも絶対に欠かしてはならないプロセスであると言えるでしょう。

例えば、まずは自己資金がいくら用意できるのか、投資のスタート段階でいくらまで使って大丈夫かは、自分と家族のライフデザインとともに考えなければなりません。
不動産投資を始めるすぐ後に、子供の教育費などまとまった資金が必要なときは、そうした出費分を先に確保しておくことが大切です。

小さな経費も見落とさず、加減の良い予備費を見積りながらシミュレーションするほうがよいでしょう。

マンション投資