マンション投資で分散投資をしよう!

自由が欲しいという言葉を耳にしたことがあると思いますが、この自由とは何についてなのか、深く考えたことがあるでしょうか。

日本には、言論の自由や、宗教の自由、職業選択の自由がありますから、決して不自由を強いられているとは言い難い環境です。

しかし、親の保護下にあるときは親のルールから自由になりたいと思うでしょうし、また学生なら校則から自由になりたいと思うでしょう。
あるいは、会社で上司からノルマについてとやかく言われると、そういった圧力から自由になりたいと思うものです。

この最後の自由は、じつは経済的自由として手に入れれば、時間も自由に使えるようになり、心身ともに解放されてストレスなく過ごすことができます。

その経済的自由を手に入れるには、給料からコツコツと預貯金をするのでは時間がかかり過ぎます。
例えば年1%の利回りの積み立てでも、毎月7万円を30年間続けてようやく3,000万円がたまります。しかし毎月7万円は、社会人1年生にはかなり難しい金額ですから、現実的とは言い難いかもしれません。

そこで、すでに30代、40代になっていたとしても、自分の資産を守るために、リスク回避として分散投資をしておくことが重要です。

毎月、給料の3割をすべて投資に使うとして、2割は預貯金、1割を株式投資、そして5割を不動産投資へ回すということも賢い方法です。

不動産投資には、賃貸マンションなど年5%以上もの利回りのものもあり、途中で余裕がでてきたら、この投資物件を増やしてさらに分散投資をするという方法も考えられます。

こうして得た経済的自由で、人よりも早く自由な精神と時間を手に入れ、人生を楽しんではいかがでしょうか。

マンション投資トップ