マンション投資でよく聞く不労所得とは

日本国民には、国民として果たさなければならない義務が3つあると憲法で制定されています。
それは、教育を受ける義務、労働をする義務、そして税金を払う義務です。

義務教育は小学校と中学校の9年間ですが、最近は大学まで進学する人も増えてきました。
また税金は、所得から天引きで所得税を引かれることはもとより、各自治体に住んでいることで住民税を払い、また買い物や飲食をする度に消費税を支払っています。

労働とは会社に勤務することだけを指しているのではなく、家事なども含めて勤労を義務づけていますが、できれば働かないで収入を得ることが出来ればどんなにありがたいかと思う人は少なくないでしょう。

実際に労働を伴わないで得る収入のことを不労所得と呼びます。
不労所得とは、労働の対価として払われる収入や報酬ではなく、利子や配当、賃料収入、投資などによる利益などを指して言います。

マンション投資で得られる家賃の収入もこれにあたります。この不労所得があったら、労働をしなくてもお金が入ってくるわけですか、安心してラクな生活を送ることができます。
この不労所得があったら、労働をしなくてもお金が入ってくるわけですか、安心してラクな生活を送ることができます。

とくに、働き盛りの年齢を過ぎ、引退した人たちにとっては大変ありがたい収入になることは間違いありません。

今はまだ会社から給与がもらえているから実感が湧かないという人も多いでしょうが、いずれ来る引退の時を思えば、早いうちから備えをしておくことが大切です。

例えばワンルームマンションなどを購入して賃貸経営を始めれば、好きなときに仕事を辞めることもできますから、早めの引退をすることも可能になります。

自分の人生を自分で創り出すという気持ちがある人は、ぜひ早めの準備をしたほうが良いでしょう。

マンション投資