ダブルインカム

近年、サラリーマンでも投資をしている人が増えてきました。
この投資は長期的な国債や株式投資ではなく、不動産投資やマンション投資という人が多いようです。

なぜ、サラリーマンが投資を始めているのかと言えば、長年続く日本経済の低迷と企業の存続、そして自分の老後の年金などにさまざまな不安を持っているからなのです。

万が一、自分が勤めている会社が倒産することになったらどうするか。万が一、自分がリストラの対象になってしまったらどうするか。そこえ収入は途絶えてしまい、路頭に迷うことになります。

また、老後の年金も確実にもらえるかどうかは、実は分かりませんし、受給年齢が引き上げられるかもしれないという問題もあり、安心しているわけにはいきません。

そこで、現在の収入以外にお金が入ってくる仕組みを作っておこうというのが投資の理由であり、それは短期的な運用で高収益を上げる投資ではなく、中長期的に収入を得る窓口を作るというダブルインカムの仕組みでもあります。

この副収入を得る投資として一番人気があるのが不動産投資です。

ワンルームなどの手軽な物件を購入して、賃貸経営をするという投資のスタイルは、株式投資や外為投資と違って一日で何千万円もの利益をだすことはできませんが、安全で手堅い手段として考えられています。

マンション投資は購入した時点で自分の資産にもなりますし、賃貸経営のオーナーになるという社会的な地位も確立させます。

何よりも、収入の源流がダブルになるという安心感が大きいこの投資、サラリーマンだからできる絶好の投資だと言えるのではないでしょうか。

マンション投資入門講座TOP