経済教育の必要性

若い世代や子供たちに未来の日本を語らせると、何も期待していない、期待できないという回答が返ってくるそうです。

一生懸命に働いても、それが自分に還元されず、高齢者への社会保障に充てられてしまうのではないか。
今の日本が抱えている借金を自分たちの世代が支払わなければならないのではないか。
こういった将来への不安を、子供たちまでもが口にするという時代は、決して明るい時代とは言えません。

報道機関や大人たちが口にする安易な将来展望を鵜呑みにして、暗い未来しか想像できなくなった子供や若者たちこそ、未来の日本経済の核となるのだということを指し示すことがいま、求められているのです。

経済とは何か、お金とは何かは、学校教育のなかでは受験向けの型にはまった記憶型教育でしか教えません。
しかし、国家経済も個人の財務も、一生つき合って行かなければならないものであって、それを具体的に知らないで社会に出て行くことは、憂うべきことなのです。

インターネットの株取引が日常化されるなか、証券会社は次世代の顧客獲得と、株式投資の啓蒙を併行させるために、義務教育機関へ出張の経済教室を試みました。

また、中学校や高校でも、株式投資シミュレーションのコンテストなどを行ない、知識を身につけさせ、競い合わせるといった試みも続いています。

経済とは何か、お金とどうやってつき合って行くのかを知ることは、自分たちが生きていくために非常に重要なことであり、また目的を明確にする手段にもなります。

学校教育の一環として、こうした試みが必須科目になり、子供や若者たちが自分たちの未来を新たな視点で見ることができるようにすることが必要な時代であると考えられます。

投資教育が、少しずつ浸透していく中、不動産(マンション)投資について取り組んでいるところはないように思えます。

投資にもいろんな種類がありますし、株だけでなく子供の時からあらゆる資産運用や投資の知識を身に着けさせることは大事なのではないでしょうか?

マンション投資を学ぶならTOPぺージへ