マンション投資のデメリット

 日本は現在、かつての不動産バブルの影響から、住宅が供給過剰の状態にあり、
少子化が進めばこの状況はさらに悪化すると言われています。
こうした状況ではマンション投資で購入した物件の価格上昇は特定の物件を除きあまり期待できません。
このためマンション投資は物件の値上がりから利益を得るキャピタルゲインから、
家賃などの安定収入により利益を確保するインカムゲインに移行しています。
 しかし人口減少の状況が変わらない以上、これも容易なことではありません。
いかに入居者を確保して安定した収入を得ていくかが重要な課題となってきます。
マンション投資のデメリットはこの点にあります。

 物件を見つけるだけでも一仕事で、高価な買い物になるうえに、気にいらなかったら買い替えるというわけにもいきません。
いくつもの物件を検討したうえで、利益を見込める物件を探し出します。
ローンを組んで資金を調達し、その後も広告で入居者を募集して、入居者を確保するために経年による物件の劣化は修繕し、
入居後に起きるトラブルにも対応しなければなりません。
そのひとつひとつに労力とコストがかかります。
賃料の安く運営費割合の高い地方の小さいタイプの物件は特にその影響を受けることでしょう。
 
そうした意味では、マンション投資というのは投資した後から資産を育てていく投資の在り方と考えたほうが
適当かもしれません。

マンション投資のことなら