マンション投資は、リスクが少ないと言われています

秒単位で価値の変わる株式投資や外貨投資と比べると、
安定した家賃収入を得られるので投資効率が良いと言われているマンション投資は、リスクが少ないと言われています。
しかし、現金やローンでマンションを購入し、家賃収入で利ザヤを得るマンション投資。リスクが全くないとは言いきれません。
例えば株式投資や外貨投資。
そしてマンション投資等の不動産投資の場合でも、その投資についての勉強は必要ですし、
リスク回避のためのリスクヘッジは必ずしておいた方が良いでしょう。

マンション投資のリスクとして最悪のケースとして一例あげると、
ローンでマンションを購入しマンション投資をスタートさせたが、継続して入居者がはいり続けず空き室状態が続き家賃収入がストップ。
老朽化のためのリフォーム費用が捻出できず、家賃が下がってしまい毎月のローンの支払いに家賃収入が追い付かず泣く泣くマンションを売却。
そして売却した金額ではローンの残債を返済しきれずに何年もローンだけを払い続ける羽目に…。

なんてことにならない為にも、しっかりとマンション投資のリスクを回避するために勉強とリスクヘッジをした上でマンション投資をスタートさせましょう。

一番に気を付けなくてはいけなくて、さらに一番先に決める必要があるのが投資用のマンションを購入する不動産会社。
入居者が入らない時の家賃収入のストップを防ぐためにも空き室補償を付けてくれる不動産会社を選ぶのがまずは正解です。
そして、先日の未曾有の大震災も記憶に新しく、耳にする事も増えてきた地震保険。こちらもリスクを回避する意味では有効でしょう。
保険に未加入で、万一大地震でも起きてしまっては泣くに泣けませんからね。

そして避けては通れないのが、マンションの老朽化と入居者の入れ替わりの際の部屋の修繕。
こうした必要経費も頭に入れた上で、マンション投資をスタートさせれば、いざリフォームが必要になったときでも慌てずに済みますからね。

マンション投資入門講座TOP