人口減少と日本経済とマンション投資

今までもこのサイトでは人口減少とマンション投資の関係についてお話してきました。

マンション投資における人口は、賃貸経営における需要にあたり、

この需要が少なくなれば家賃の下落の可能性が出てきます。

それでは、これから先の賃貸経営は厳しいのか?

確かに日本全体で考えればそうかもしれません。

こういった人口減少が、起きている中でも人口が増えているエリアがあります。

また、世帯数は、まだ増えています。

もっとターゲットを絞れば、核家族化が進み、単身世帯は増え続けています。

たしかに日本人の人口が減少していることは周知の事実です。

そして2004年をピークに人口が減少し始めている日本。

地方の過疎地域では、集落の平均年齢が70代80代ということも決して珍しいことではなく、50代は若手だと言われるのも日常茶飯事です。

この人口減少は日本経済にどのような事態を引き起こすのか、さまざまなシミュレーションがなされています。

もっとも懸念されているのは社会保障を似担う世代の人口減少です。若年層一人ひとりにかかる負担が大きく、不公平感が募ることも予想されます。

また、人口減少は経済規模全体の縮小につながり、消費力の減少、生産力の減少、ひいては日本の国家経済緑の衰退を示唆する声も少なくありません。

これらの解消法法として、まず労働者人口を増やす手だてとして挙げられるのは、高齢者の社会参加、女性の社会参加、そして外国人労働者の積極的受け入れです。

すでに定年退職した高齢者であっても、秀でた知識、優れた技能を保持している人が、年金を補う程度の賃金で社会参加することは大いに歓迎され、その高齢者は消費者ともなりうるので、経済効果が期待されます。

女性の社会参加については、育児保育施設の確保、夫の育児休暇認定、大手企業における女性役員の登用など、女性が働きやすい環境整備をする必要がありますが、女性は消費傾向が高いので、給与所得者に鳴る事は日本経済にとって多大な利益をもたらすことが予測されます。

最も早く、最も難しいのが外国人労働者の受け入れについてです。
これは居住、労働、社会保障、税金、選挙権など複合的な面からの法整備が重要であり、思考の文化的差異が引き起こす問題なども含めて、識者の検討を経て解決策を見いだすことが求められるでしょう。

今後、マンション経営においても外国人などをとりこんでいくことも必要になってくることでしょう。

トップに戻る