頭金ゼロからでもはじめられるマンション投資?

「頭金ゼロからでもはじめられるマンション投資!」
「資金ゼロでもマンションのオーナーに!」こうしたうたい文句が不動産投資の広告に見られます。

これらのセールストークはまんざら間違っているわけではありません。
しかし、では誰でも資金ゼロでマンション経営がはじめられるかというと、そうではありません。
それには条件があるのです。

銀行をはじめとした金融機関は、お金を貸し出すことで利益を得ています。
いつでもお金を貸せる相手を探しているのです。しかしお金が貸せるのなら誰でも貸してくれるわけではありません。
返せる見込みのない相手には貸しません。つまり信用のある相手にしか貸さないのです。
 景気が悪くなると誰でもお金を借りたがらなくなります。
日本は長引く不況で企業が設備投資をしたがりません。

借りても返せるかどうか分からないからです。
そうなると金融機関は借り手が少なくなるため、個人でも将来にわたって安定した収入が見込める相手なら、有利な条件でお金を貸してくれます。

 マンション投資で必要となる資金は、投資をはじめる年齢によって大きく異なってきます。
企業の設備投資が鈍い昨今では、金融機関は信用性が高い相手であれば、個人でも高額の融資を受け付けてくれます。
たとえばある程度の企業に正社員として就職されているサラリーマンの方で、将来性のある若い方なら、少ない資金でも高額の融資が受けることができます。

 不動産投資の場合は土地やマンションといった現物投資なので、その現物が担保となり、より借りやすくなります。

さらに日本では低金利が続いています。
低金利の時には、それだけ利息が安くなるので、より有利な融資が受けられるのです。
具体的には借り入れる年齢にもよりますが、若いうちなら少ない頭金で高額な融資が受けられ、
ローンもより長期のものが組めるため、毎月の返済額は少なくて済みます。
 マンション投資の場合、金融機関から借り入れたローンの返済分は、マンション経営をすることで
得られる家賃をあてることができるため、毎月の返済に追われることもありません。

購入する物件を取り扱っている不動産会社と金融機関との結びつきの強さによっては、
確かに頭金がまったく無くてもマンションを買うくらいの融資を受けられる例もあります。
 しかし、年齢が進んで40代以降になると、将来にわたって長期的な返済が難しくなるため、
相応の頭金か担保がなければ高額な融資が受けづらくなってきます。

どの程度の頭金が必要になるかは借り入れる金額、負債者本人あるいは本人が所属する企業の社会的な信用度によっても違ってきます。
信用度が高ければ高いほど、少ない資金で有利な融資が受けられます。

 不動産投資は長期にわたる投資です。

それだけに投資をはじめる時期は重要です。

より有利な投資を望まれるのであれば、早い段階から検討をはじめることをお薦めします。

 バブル崩壊後、土地の価格は下落傾向が続きましたが、いまが底値とも言われ、
今後は徐々に値上がりに転じると予測する専門家も少なくありません。
不動産に投資するのなら、いまがチャンスかもしれません。

マンション投資入門講座TOPにもどる