サラリーマンでも節税できる。

マンション投資なんて、サラリーマンに縁が無いなんて思ってはいませんか。

ところが、サラリーマンにこそ、不動産投資はもってこいの投資なのです。しかも、サラリーマンは、退職後は年金だけで生活をしていくわけですから、少しでも自己防衛をするためには不動産投資は、大きな保証にもなるのです。

厚生年金、国民年金、共済年金などは、政府が一元化するとかしないとか言っていますが、これらがきちんと整備されるまでにどれほどの年月がかかるか、まったく将来は不透明です。
また、整備されたとしても、今の国の財政で将来予測と鑑みた時、本当に年金がもらえるのかどうか、だれにも分かりません。
いえ、きっともらえないと考えた方がよいと言えるかもしれません。

となると、やはり、自分の力で将来安心した生活を守らねばなりませんから、サラリーマンとしては、ワンルームマンションをはじめとする、不動産投資に着目することは賢い選択となるはずです。

サラリーマンは、多いか少ないかは別として、一定の収入があります。
この一定の収入を活かして、ローンを組めば初期投資の自己資金も少なくて済み、ラクに始めることができるのです。
購入したマンションは、不動産会社が安全に運営してくれますから、自分は何もしなくても、自動的に副収入を得ることができます。
それでも万が一の場合は、自分で使用することも可能です。

言い換えてみればサラリーマンのためにある投資のスタイルだとも言えますから、視点を変えて考えてみてはいかがでしょうか。

また、 サラリーマンでもマンション投資をすると、確定申告でさまざまな経費を申告するため、節税対策をすることができます。。

確定申告と聞くと難しいそうな気がするかもしれませんが、どうしても自分でよく分からなかったら税務署に行けば、記入の仕方も教えてくれます。
サラリーマンの人は、源泉徴収や住民税特別徴収で、有無をいわせずに税金を天引きされてしまいますが、マンション経営を行なっていると、確定申告で経費が認められるため、たいへんお得な節税対策になるのです。

もちろん、認められるのは正しい経費ですから、単に遊び歩いた遊興費や贅沢なブランドもの、個人で楽しんだゴルフの費用などは経費になりません。
ただし、それらが、何らかの理由で、本当にマンション経営に必要だと考えられる費用であったのなら、確定申告で経費として申告することは可能です。

不動産投資には、このほかいろいろな経費が考えられます。大抵は、不動産投資会社が管理運営を行なっていますので、こうした経費については、不動産会社が一括で管理していることが多いようです。

それでも確定申告は重要な義務ですから、自分自身の出費の中で、賃貸経営に関わる経費がなかったか、また、もしあるとしたら、その都度領収書をはじめとする、経費の証拠となる書類を保管しておくことが大切です。

ついつい面倒で管理を怠ってしまいがちな領収書です。紛失することも多いでしょう。けれど不動産投資は経営でもあるのですから、経営者として、自分自身の相無担当重役として、こうした書類を整理保管し、経理を潤滑にしなければなりません。

そしてきちんと確定申告をして、納めるべき税金と、正しい節税をして、国民の義務を果たしましょう。

マンション投資