投資に有利なマンションとは

 投資は資産をより効率的に運用する手段です。マンション投資は物件の値上がりを狙ったキャピタルゲインが望めなくなった現状では、購入した物件は売却するときに価格が下落していますから、賃料収入を考慮しなければ資産運用になりません。このため、マンション投資では投資以上の利益をあげるためには長い期間がかかります。

 しかし急に資産が必要になった場合のことを考えると、なるべく売却価格が下落しにくい物件を購入しておきたいというのは、マンション投資をしている方なら誰もが望むところでしょう。
実際、マンションの価格の下落率というものは一律ではなく、なかには価格が下がりにくい物件もあります。

 価格の下落を抑える要素として、もっとも重要なのは立地です。郊外のマンションよりも都心部のマンションのほうが価格は下がりづらい傾向にあります。
同じ価格のマンションを購入するならば、郊外の間取りの広いマンションよりも、都心の狭いマンションのほうが物件自体の資産価値は下がりづらいということです。

 また、たとえばマンションを建設することが難しい閑静な住宅地などにあるマンションは、希少性が高いところから価格の下落は少なくなります。こうした地域では新たなマンションも建ちづらく、競争による価格下落の激化も起こりません。
同じ理由から建築規制の厳しい地域のマンションも下落は抑えられます。そのほか人気の高い街に建てられているマンションも、需要が高いところから値崩れは少なくなります。

 これらの立地条件を満足させるマンションは、もともと数が少ないうえに中古であっても高額で、資金の少ない方には購入しづらい物件です。
しかし資産をまもるための投資を考えている方は、一度検討されることをお薦めします。

マンション投資入門講座