マンション投資をするには、やはり東京23区が最適?

マンション投資をするには、やはり東京23区が最適です。

賃貸経営は、郊外や地方でも充分にすることは可能ですが、都市部においては、その安全度はかなり高いといえます。

都市部というのは、例えば政令指定都市のように、法定人口が50万人を超えている都市で、関東地域では横浜市、川崎市、相模原市などがあります。また名古屋市、大阪市、京都市などもこの政令指定都市です。

こうした大都市は、学校や就業場所が多いことから、当然住居が求められます。
とくに学生や若年層の社会人は一人暮らしをするケースが多いため、この住居はマンションが選ばれることが多く、不動産投資に向いているといえるのです。

さらに東京は日本の首都でもあり、東京23区は、他の都市部と比べても圧倒的な人口、学校数、就業施設数があります。
このため、マンション投資を行なった際、ある水準以上の家賃が確保できること、空室率が低いことなどが、マンション経営に最適な理由となっているのです。

また、これからマンション経営を始める人にとって、東京23区は投資に向いている物件も多く、どれも価値が高いうえに、その価値が下がる率も低いので、マンション投資を安全に行なうことができるのです。

東京23区は、投資用などに使われる物件の広告も多数配布されます。こうした情報源の豊かさも、23区が不動産投資に向いている理由です。
さらに、入居者に向けた広告や情報配信も活発に行なわれていますから、東京23区でマンション投資を行なう人は、安心して投資用ワンルームマンションの会社に委託しておくことができるというわけです。

他にも考えたいことがありますそれは23区内で盛んに行われている再開発です。
マンション投資に向いている物件が、いま、地域の再開発で新たにたくさん誕生しつつあります。
最近ではスカイツリーの周辺少し前であれば
例えば東京では、品川、大崎などの湾岸エリアが再開発ラッシュとも言うべき状態で、マンション投資に最適な物件が次々に誕生しています。
また、都心部では港区、新宿区、中央区エリアでも、数々の再開発が行なわれています。
この地域は、意外にも古くからの小さな住宅が集まった密集地帯が数多くあり、それぞれの建物は築年数がかなり経ってしまっていることから、防災意識の高まりもあって、再開発に積極的な姿勢が伺えます。

こうした数々の再開発を見逃す手はありません。
不動産投資を考えるなら、今が大きなチャンスです。

通勤通学がドアツードアで30分以内という物件なら、投資先にもってこいです。

再開発のおかげで、こうした物件がたくさん完成している今なら、マンション経営が初心者の方でも、安心して始めることができるはずです。

再開発の計画は、たいてい地域の行政でも把握していますから、行政の広報紙などを手に入れられれば、随分と早いうちから知ることができます。
もちろん、すでに販売を開始している物件は、マンション経営に向けた工夫もなされているものが多いですから、投資する人にとってはメリットが多数あるはずです。

マンション投資に関心を持ったなら、不動産会社などの営業担当者に相談してみることをおすすめします。
また、たくさん初心者向けセミナーなども開催していますから、ぜひ一度のぞいてみてはいかがでしょうか。

マンション投資