野田政権を考えてみる

マンション投資を考えるのは、今が良いタイミングです。
このサイトを見ているあなたは、野田総理の言動はどう思われますでしょうか。
日本の将来を本当に考えているのかどうか、国民はみな不安を持っています。
そして野党の党首も似たようなものです。

まず、国民が将来への不安をなくして生活できるようにすることが、野田総理の役目のはずですが、消費税増税、マニフェストの事実上白紙など、

国民の安心どころか不安を仰ぐような政策しか打ち出してこないことは、本当に憂うべきことです。

そこで、マンション投資を本気で考え、始めるタイミングが今だと、言えるのです。

今は金利が低い状態が続いており、おそらく突然インフレや公定歩合が高騰することは考えにくいと思われます。
ある意味では野田総理のおかげかもしれませんが、この状態のうちに、マンション経営を始めておけば、将来安心して暮らして行くことができるのです。

野田総理が唱える消費税増税は、将来の日本にとって、たしかにいずれは必要な政策です。
しかし、その消費税で本当に年金などの社会保障がまかなわれるかどうかは、あまり信用することはできません。
ですから、消費税が上がらない今、そして金利が低い今、不動産投資を始めて、自分の力で安心した未来をつかむことが必要なのです。

この絶好のタイミングを逃すなんて、もったいないことです。
今こそ、マンション投資のことを勉強して、スタートしましょう。
自分の未来をつくって」くれるのは、野田総理ではなく、自分です。

マンション経営入門講座トップへもどる