甘い勧誘

マンション投資勧誘の注意点「高利回り」

 これからマンション投資を行おうかと考えている方を、甘い勧誘で誘う文言がネット上にも多く見られます。

ある程度の不動産の知識があれば、それが甘い見通しによるアナウンスであることを見破ることは可能ですが、初心者の方のなかには惑わされてしまう方も少なくないものと思われます。

とくに注意しなければならない文言に、不動産投資のメリットとしてあげられることが多い「高利回り」があります。

 マンション投資の高利回りを実現するためには、高い入居率を前提としなければなりません。
とくに地方物件の場合は要注意です。

地方物件は都心に比べて安い物件が多く、中古マンションともなると手ごろな価格で購入できます。

ところが地方のマンションは供給過剰の傾向にあり、入居率を95%以上にするというのは、かなり難しいのが現状です。

 どんなに安い物件でも入居者がいなければ収入が得られないので利益が確保できません。

そればかりか、維持費や税金の面でかえってマイナスに陥り、損を承知で手放さざるをえないことも少なくないのです。

 そもそも不動産投資は「投資」という言葉がつけられている点から、すでに人をまどわしているようにも思えます。

マンションを購入してそれを貸し出し、そこから収入を得ることを前提としている以上、それはたとえワンルームといえども、投資というよりもマンションの経営者になることを意味します。

初心者の方はそれを肝に銘じることをお薦めします。

 また、とくにマンション投資は初めてで資金に余裕のある方は、高額にはなりますが入居率が見込める都心部の単身者用区分所有物件からはじめられることをお薦めします。

マンション投資入門講座TOPページへ