マンション投資と政治経済の関係

マンション投資と政治経済は、たいへん近い関係にあります。

昨今の日本の不安定な政治経済は、与党と野党のねじれ国会だけが問題なのではなく、ヨーロッパの経済信用不安問題、アラブの政治改革をはじめ、さまざまな外的要因も大いに関係しています。

とくに、国際的な経済問題は、日本にも大きな影響を及ぼしていますから、日本国民は常に注視する必要があるのです。

こうした政治経済にゆらぎがある状況では、将来の生活の不安をなくすためにも、例えばマンション投資のような自助努力が必要となるのです。
マンション経営は、大資産家でなくても始めることができる、庶民的な不動産投資です。
その、庶民の暮らしを安心できるおのにするのが国の政治経済に携わる人たちの役目なのですが、今は、ここに何の期待も持つことはできません。
ですから、不動産投資などで、手軽に自分の未来を築いて行く必要があるのです。

政治経済の状況をみていると、始めるタイミングとして、今はたいへん良い機会であると考えられます。
金利も低く、当面、大きな変動があるとは考えにくいですし、消費税増税も現実味を帯びてきていますから、早いうちにスタートすることが望ましいでしょう。

新聞の記事やテレビのニュースなどで、政治経済の問題が取り上げられるとき、自分にとってマンション投資が必要かどうか、真剣に向き合ってかん考えるべきです。
そして、まずは投資用マンション会社などが行なうセミナーなどに参加してみて、基本的な知識を得ることが大切です。

TOP