スカイツリーができて思うこと

マンション投資でポイントになるのは、立地条件です。
例えば、東京でいえば、最近オープンしたスカイツリーが見える物件は、かなり人気が高いようですから、投資先には最適といえるでしょう。

東京タワーが見える、海が見える、東京ベイブリッジが見えるなど、独特の眺望が楽しめる物件は、やはり人気です。
スカイツリーは、いま旬とでもいうか、展望台に上がれる人も予約で数ヶ月先まで決まってしまっていますから、それを部屋から眺めることができるとしたら、大変賃貸需要の高い好物件といえます。
今の時期自分の住んでいる物件からスカイツリーが見えるとなれば、周りから羨望のまなざしを向けられるでしょう。

このほかに、駅から徒歩10分以内、コンビニが徒歩10分以内、スーパーマーケットが徒歩10分以内などの立地条件であれば、ますますいいのではないのでしょうか?

マンション投資の物件選定は、なんといっても入居者のニーズが第一ですから、投資する人本人が、自分でも入居したいと思うようなものを選ぶことが重要なのです。

そういう意味では、スカイツリーを臨むことができれば、多少駅から遠くても、また坂道があったとしても、人気が高くなることはまちがいありませんから、入居者の需要も高く投資先にはたいへん向いています。

まだ着工前の物件だとしても、建築家は、どういった高さから、どのような眺望か、どの位置の部屋の日照時間はどの程度かなど、すべて計算上で分かっています。
それらを元にして、部屋からの眺望をCGで表現することもあれば、写真を合成してモデルルームの窓の外に貼るなどして、実際の部屋の様子をつくります。

マンション投資をしようと考えるなら、こうした眺望も大きなポイントですので、忘れずにチェックしておきたいものです。

マンション投資入門講座TOPに戻る