失敗談 よくあること

 マンション投資に失敗した方のなかには、投資する前に過剰なメリットを期待していたために、実際のマンション経営に落胆してしまう方がいます。
マンション経営を推奨する不動産会社のセールストークにも問題はありますが、資金を投入するのに不動産投資に関する知識が乏しい不用意な投資家の方がいるのも事実です。

 投資用マンションは金融機関から融資が受けられるので、自己資金が少なくてもはじめられることは事実です。
しかし融資を受けるのですから負債を負ったうえでの投資になるのですから、安易に飛びついていいものではなく、
借り入れのリスクとレバレッジのメリット部分も比較する必要があります。

 マンションは購入した途端に価値が落ちることがあります。
実際、新築物件を購入してすぐに売却したとしても、購入価格よりも安い価格でしか売れない場合も考えなければならないのです。

不動産における投資の利益は売買で得るものではなく、あくまで家賃収入による長期的なインカムによるものであることは、最低限、憶えておくようにしましょう。

 また、マンション経営で意外と多いトラブルに、管理を委託している会社とのトラブルがあります。

一括借り上げにより家賃保証を行うサブリースですが、この契約は定期的に更新され、更新時に家賃の見直しがあって多くの場合は家賃が安くなります。

保証する家賃額が永年にわたって続くと誤解すると経営計画に大きな修正を余技なくされることがあるので、注意してください。
また、マンション投資による節税効果も継続して長期に続くものではなく当初数年だけのものです。
永遠に長く続くことを期待してはいけません。

 投資はどのようなものでも油断は禁物です。
慎重に十分に計画を立てたうえで、過剰な期待を抱くことなく行うことをお薦めします。
また、マンション経営に失敗しないために、不動産投資に関する正しい知識を学んでおくことも忘れないようにしてください。

マンション投資入門講座