マンション投資に向いた地域

 自分が住む場合と投資する場合とでは、物件の周辺環境の見え方が違ってきます。

自分が住むのなら自然の多い閑静な場所をと考える方は多いでしょうが、こうした地域はマンション投資には向きません。

人の出入りが少ないために入居者が確保しづらいためです。実際、こうした地域に住居を求める方は、賃貸よりも分譲の物件を求めるでしょう。

 マンション投資に向いた地域は人口が多い地域のほうが向いています。
日本は現在、全体的に見れば人口が減少傾向にあります。
だからといってすべての地域で平均して人口が減っているわけではありません。
たとえば川崎市や福岡市、横浜市、東京都区部、千葉市などでは人口は依然として増加傾向にあり、さいたま市や札幌市、神戸市、名古屋市、広島市、大阪市などは横這いかやや増加しています。
逆に静岡市や北九州市などは減少傾向にあります。

 マンション投資はほかの投資とは異なり、長期的に利益を回収してゆかなければなりません。
そのためには人口がただ多いのではなく、増加傾向にある地域の物件を購入したほうが有利です。
それなら人口が増加傾向にある都市部ならどこでもよく、減少傾向にあるところは、どこも投資には向いていないかというと、そうともかぎりません。
都市部も細かく調べてゆくと、人口が密集している場所と、そうでもない場所があるのです。
 たとえば都市のレベルでは人口が減少していても、局所的に見れば人口が増加傾向にある地域もあります。

それは都市の中心部や商業エリアに近く、駅周辺といった交通アクセスが良い地域です。
これらの地域はどこでも賃料が高く、物件の価格も比較的下がりにくい傾向があるため、マンション投資には向いています。
 物件を点ではなく、周辺環境を含めた面でとらえる方法はマンション投資の基本です。地域を通して物件を検討する癖をつけておくことをお薦めします。

マンション投資